東洋医学の治療の元となる考え方に、陰と陽のバランスを見る、という事がありますね。
自然界は、互いに相反する「陰」と「陽」の間で動いていますが、中庸が大切、とされています。

人のからだには「気」や「血」の通り道が網の目のように張り巡らされています。
気とは生命エネルギーのこと。
そして血は酸素を運びます。
経絡とはこの網の目のような道のことで、経絡上に駅のように点在するのがツボです。

経絡治療は、ツボを使って流れを正常にして陰陽のバランスを整え、からだ本来の状態にすることを目的にしています。


鍼灸師である河野忠男氏が開発されました。
お腹のツボや筋肉のバランスを見ていく方法です。

経絡治療

kosumosu

筋診断法